製品

製品工学

製品構造は常にシンプルで扱いやすく、かつ明確なアプローチで達成できる状態に保ち、
各々のフェーズごとにROIを算出、調整できなければなりません。

ジャパンコミュニケーションは、インドとの密接な関係を優位性とし、
高いコンサルティング能力とプログラムマネージメント経験を基に、
より安価に、より短い開発期間で 高品質かつ精密な製品を生み出すソリューションをお客様に提供しています。

日本の会社のグローバル化は今現在もその規模を拡大し続けています。

私たちの目的は製品を開発するだけではなく、
国内のISVと共に世界を視野に入れたマーケティングを支援する事にあります。

また、グローバルなISVへ競争力の強い製品を開発するための専門のユニットを安価に供給するだけでなく、
彼らの製品を日本向けのエディションとして展開することを援助し、
国内に広く定着させ、日本市場に進出するお手伝いをする事でもあります。

 

製品作成手順

engagementmodel1
yajirushi
engagementmodel2

 

ライフサイクル

lifecycle